コラム

今Goエンジニアがなぜ注目されているのか?案件単価や今後の需要は?

2021年03月18日
業界事情、トレンド

近年社内のDX推進や新規サービスの構築、システム整備などをするにあたり、Goエンジニアの需要が高まっています。

この記事を読んでいる方の中にも、社内のDX推進や新規サービスの構築、システム整備などをするにあたり、Goエンジニアの採用を考えているという方は多いのではないでしょうか。

Go言語は、Webサーバーの構築やスマートフォン向けのアプリ開発、ドローン開発まで幅広く対応できる言語であることから、Goエンジニアの需要は近年高まっています。

今回は、Goエンジニアの注目度がなぜ高いのか、そして採用するためにはどうすれば良いかについて解説します。

現在のGo言語の注目度

まずは、Go言語がどれほど注目されている言語であるか見ていきます。

注目されている理由

処理速度が早い

Go言語はシンプルな構文で構成されていることもあり、処理速度が非常に速いです。

このため、開発スピードをあげたい企業に重宝される傾向にあります。

クライアント側、バックエンド側両方に活用できる

Go言語では、Webの裏側で行われるサーバーサイドの処理に加え、モバイルアプリの開発なども行うことができます。

このため、クライアント側とバックエンド側で言語を統一することができ、開発をシンプルに進めることが可能です。

多数の大企業が活用しており信頼性が高い

Go言語は、もともとGoogle社が開発したプログラミング言語です。

動画配信サイトのYouTubeもGo言語で行われていることから、非常に安定したパフォーマンスを発揮する言語として信頼を獲得しています。

最新の技術と相性が良い

現在のIT業界では、ソフトウェアをインストールするという動きから、クラウド上で全てを完結させるクラウド化が進んでいます。

Go言語では、クラウドアプリの開発が行えるため、こうしたIT業界のトレンドと非常に相性が良いです。

また、同じく直近注目を集めているドローンの開発も、Go言語で行うことができます。

このように、Go言語は最新の技術と非常に相性が良いのです。

他の言語との違い

Go言語が注目されている理由として、他言語との違いを見ていきます。

単純明快かつ拡張性が高い

Go言語は他のプログラミング言語と違って、非常にシンプルな作りになっています。

つまり、Web開発などの業務で用いる最小限の機能しか含まれていないということです。

作りが複雑な言語はコードを記述する際に、様々なばらつきが生まれますが、Go言語は非常に簡素な作りとなっているために、そのようなばらつきが少ないです。

その反面、複雑なコードを書き、作りの凝ったWeb開発を行うことができないという点もあります。

また、コンパイル前のプリプロセス処理が必要となる構文が利用できないという点もデメリットとしてあります。

非常に実用性が高い

そもそも、Go言語は効率的かつ生産的に業務を遂行するために開発された言語です。

上記にもあるように、簡素な作りで設計されたのはそのためです。

このような背景があるので、不要となったメモリを再度使えるように再構成するガベージコレクション(GC)や、並行処理を記述するためのGoroutineやchanneという追加機能も備わっています。

シンプルに設計されたがゆえに、複雑な作業をする上では制限がかかるものの、オプション機能が非常に充実しており、単純な作業であれば効率よく、素早くこなせてしまうというのは、他の言語にはないGo言語独自の魅力といっていいのではないでしょうか。

動的言語との違い

Pythonなどの動的言語と違い、Go言語は静的言語です。

この違いから生じることは、文字数が増え、コンパイルに手間がかかることなどです。

従って、もともと動的言語を扱っていた方からすると、Go言語は少し扱いづらいと感じるかもしれません。

コードの書き方が制限されているので、Go言語は使い勝手が悪いと受け取ることもできますが、捉え方を変えると、コードの表現が既に指定されているため、作業を迷うことなく進められるというメリットが見えてきます。

Go言語が何のために設計された言語であるかということを理解すると、後者の捉え方ができるのではないでしょうか。

Goエンジニアの業務内容

Goエンジンアの業務内容

Go言語を扱うエンジニアができることを紹介します。

Go言語は、他の言語と比べて機能が少ないというデメリットがありますが、その分処理速度が早く、高い汎用性を持つというメリットがあります。

Webサービスの開発

Go言語を使って、Webサービスの開発や、Webサーバーの構築を行うことができます。

Go言語は、マルチプラットフォームに対応しています。

マルチプラットフォームに対応できることは、異なる仕様のOSで動作が安定的に作動することを指します。

このため、Windowsであっても、MacOSであっても、OSを選ばずに動作することができ、これがGo言語の大きなメリットです。

スマートフォンアプリの開発

Go言語を使って、スマートフォンのアプリを開発することも可能です。

「GoMobile」や「GoCloud」などのツールを活用することで比較的容易にアプリを開発することができます。

クラウドアプリの開発も可能です。

ドローン開発

「GoBot」というフレームワークを活用することで、Go言語を使ってドローンの制御システムを構築することが可能です。

Goエンジニアの案件内容や単価

上記のように直近トレンドになっているGo言語ですが、フリーランスのGoエンジニアは、以下のような内容、条件で仕事を受けていることが多いです。

案件内容

Go言語は、構文が他のプログラミング言語と近く、わかりやすいのが特徴です。

また、処理速度が早い、マルチプラットフォームで機能するというメリットがあります。

このため、複数人でのプロジェクトに向いており、Goエンジニアは、大規模なWebサーバーの構築、Webアプリケーションの開発などの案件を受注していることが多いようです。

案件単価

Goエンジニアの案件単価は、Javaなどの他プログラミング言語と比較して、やや高い傾向にあります。

理由としては、Go言語は比較的新しいプログラミング言語で、最近需要が高まってきていることから、Go言語に習熟したエンジニアが少ないからです。

このためGoエンジニアは希少性が高く、結果として案件単価が高くなっている傾向にあります。

Go言語を使ったプロジェクトを行う場合には、Goエンジニアを採用するよりも、フリーランスのGoエンジニアに案件を依頼することを検討してもよいかもしれません。

なぜならばGoエンジニアの絶対数が少なく、結果的に採用費用が高くなることが予想されるためです。

Goエンジニアの今後の需要

Goエンジニアの今後の需要について解説します。

大手企業をはじめとして需要が高まっている

Go言語を使った有名サービスが増え、Go言語の需要が高まることで、今までGo言語を使わずにサービスを開発していた他の大手企業も、次々にGo言語を採用する動きが生まれていきます。

このため、Go言語の需要は今後指数関数的に高まっていくことが予想されます。

フリーランスのGoエンジニアを活用するならi-common techにご相談を!

Go言語は現在需要が高まっている一方で、まだ新しい言語であることから扱える人材は多くありません。

このため、Go言語を使用してサービス開発しようとしているものの、Goエンジニアの不足に悩まされている企業の採用担当の方は多いのではないでしょうか。

フリーランスITエンジニア専門エージェント「i-common techを活用すれば、プロジェクト期間に応じてフリーランスエンジニアのご紹介が可能です。

2,000名以上のエンジニアの中から、最適な人材を提案します。

Goエンジニアの不足に悩まされている担当者の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

同じカテゴリーのコラム

0120-929-732
受付時間 平日9:00〜18:00まで