コラム

フリーランスエンジニアの相場、エンジニアの探し方と報酬の交渉方法について

2021年04月08日
料金・費用

「特定の技術を有している優秀なITエンジニアのスキルが必要だが、採用の仕方がわからない」「会社の規模が小さく、知名度や給与で大手企業に劣るため、なかなか優秀なエンジニアを採用できない」という課題を抱えている採用担当者は多いのではないでしょうか。

こうしたときに解決策となる可能性が高いのが、「フリーランスエンジニアとの契約」です。

フリーランスエンジニアとして一定生活ができている人は、裏を返せば「企業のネームバリューに頼ることなく、自分のプログラミングスキルで生活ができるほどスキルの高い人物」であるため、レベルの高い人材が多いです。

今回は、こうした「フリーランスエンジニアの活用」に関して、フリーランスエンジニアの探し方や報酬の交渉方法などを紹介します。

フリーランスエンジニアの単価はどのように決まるのか?

フリーランスエンジニアの単価の決まり方

エンジニアは実力主義の世界です。

企業側としても、依頼した仕事を完遂してくれるスキルを持つエンジニアと契約したいでしょう。

実力があるか否か、以下の指標で図ることが多くなっています。

経験年数

まずは、経験年数です。

経験を積むことで実力がつくと考えられること、また、経験があればイレギュラーな対応などもできるようになってくると想定されるため、経験年数で判断する企業が多いです。

キャリア

そのフリーランスエンジニアがどのようなキャリアを歩んできたのかについても一つの指標です。

実力で採用すると言われている難関企業に勤務していた経験のあるエンジニアは評価できるかもしれませんし、また、フリーランスの歴が長いのか、浅いのか、そういったキャリアでも判断できます。

相場から乖離した報酬はあるのか?

フリーランスは一般的には労働基準法上の労働者ではないため、労働基準法の適用外です。

このため、最低賃金などが設けられない契約形態です。

ただ、どのような企業であっても、一般的には相場を適正価格として契約することがほとんどです。

経験、キャリア、資格によって多少は変動しますが、基本は相場の金額を参考に決めるのが良いでしょう。

言語別!フリーランスエンジニアの単価相場

フリーランスエンジニアと契約をしたことのない企業の方は、「報酬の相場感」がわからないという方も多いかもしれません。

まずは、フリーランスエンジニアの言語別の報酬を紹介します。

言語別報酬単価のデータ

当社が提供するフリーランスITエンジニア専門エージェント「i-common tech」にて、言語別に月額の報酬単価をオリジナルで調べました。

言語 報酬(円/月)
C# 775,000
Go 899,583
Java 804,545
JavaScript 866,964
Kotlin 896,875
Objective-C 750,000
PHP 796,842
Python 875,000
Ruby 943,846
Swift 816,667
TypeScript 918,750

本データはあくまで報酬ベースのため、エンジニア活用の場合はこれにプラスして業務委託費がかかります。

 

単価が高くなるフリーランスエンジニア

単価が高くなるフリーランスのエンジニアの特徴

フリーランスエンジニアの単価は、それぞれの持っている実力に依存することは先に述べた通りですが、スキルレベルや、そのスキルの希少性などから大きく変動します。

この項目では、フリーランスエンジニアの単価の決定要因や高い単価で契約を求めるエンジニアの特徴をお伝えします。

希少且つ高いスキルを持つ人材

フリーランスエンジニアの単価は「需要と供給」のバランスによって決まります。

「希少で高いスキルを持つエンジニア」は、需要も高く、単価が高い傾向にあります。

例えば、直近DXの推進がトレンドになる中で、データ分析・機械学習・AIなどを事業の意思決定に活用したいと考える企業は増えています。

一方で、AIエンジニアとして高いスキルを持っているエンジニアは、そこまで多くないのが現実です。

このため、機械学習のスキルがあるAIエンジニア・Pythonエンジニアの単価相場は高い傾向にあります。

総合力の高い人材

ITエンジニアといえど、「プログラミングが得意」というだけでは、市場価値は高まりません。

なぜなら、仕事は組織の中で進めるものだからです。

このため、チームメンバーと円滑な意思疎通を図ることができるコミュニケーション力の高いエンジニアや、高いリーダーシップをもち、プロジェクトを推し進めることができるプロジェクトマネジメント力の高いエンジニアは、単価相場が高くなる傾向にあります。

しかし、コミュニケーション力やプロジェクトマネジメント力のような総合的なスキルを見極めることは難しいため、フリーランスエンジニアを活用するときに注意しなければならないポイントの一つです。

フリーランスエンジニアの探し方

フリーランスエンジニアの探し方としては、以下のような方法があります。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングサービスとは、フリーランスとして働く個人や副業で仕事を探している個人と、単発で仕事を発注したい企業を結ぶマッチングプラットフォームです。

企業にとっても登録が簡単で費用が安く、スピード感のある契約が可能な点がメリットです。

一方で、クラウドソーシングサービスは、基本的には誰でも登録可能です。

仕事を探している個人のスキルレベルが幅広いため、採用担当者はスキルマッチをする力が必要になるでしょう。

人材紹介サービスを利用する

人材紹介サービスは、仕事を探しているフリーランスと、仕事を発注したい企業を紹介するサービスです。

クラウドソーシングが「マッチングプラットフォーム」である一方で、人材紹介サービスは「仲介」であるという特徴があります。

このため、マッチングのプロに最適な人材を紹介してもらえるため、スキルレベルの高い人材に仕事を依頼できる可能性が高まります。

一方で、仲介料などの費用はクラウドソーシングサービスよりも高くなるというデメリットが存在します。

知り合いに紹介してもらう

転職市場で、リファラル採用という採用の仕方がトレンドになってきていますが、フリーランスにおいても、個人が個人を紹介する手法が行われています。

自社社員の友人知人に優秀なフリーランスエンジニアがいるようであれば、紹介してもらうことも一つの方法です。

SNSやホームぺージでアプローチする

企業のSNSや、ホームページで「フリーランス募集」の旨を明記し、応募を待つという方法もあります。

コストをあまりかけずにフリーランスと契約できるメリットがあります。

応募が来るかどうかの確証はないため、すぐに契約を結びたいという場合には不向きな手段と言えるでしょう。

フリーランスエンジニアと報酬を交渉する際の注意点

フリーランスエンジニアは、フリーランスエンジニアと報酬金額を交渉する際には、以下の点に注意が必要です。

契約する上で譲れない条件を明確にする

契約する上で、譲れない条件を明確にするのが大切です。

例えば月単価80万円以下にしたい、という条件があるのであれば、あらかじめ「契約金額は80万円以下です」との旨を伝えておくことが大切です。

このラインを明確にせずに金額交渉を続けていると、企業、フリーランス双方の時間が無駄になります。

相手のスキルや能力を見極める

フリーランスを活用する際は、一般的に正社員を採用する際よりも、面談回数は少ないことが一般的です。

面談などの機会が少なければ、その分少ないチャンスでフリーランスのスキルを見極める必要が生じます。

このため、フリーランスの面談をする人物はエンジニア経験がある人が良いでしょう。

エンジニア経験がない担当者ですと、資格やプログラミング歴などの定量的な情報に惑わされ、本質的なスキルを見抜けない可能性が高いからです。

フリーランスエンジニアエージェント活用のご提案

フリーランスのエンジニアは優秀な人材が多いですが、その分「企業を選べる立場」にあり、市場相場よりも低い金額では活用することが難しいのが現実です。

また、自社サイトやSNSでの募集ではなかなかエンジニアと接点を持つことが難しいため、人材紹介会社や紹介サイトを活用していくとよいでしょう。

そこでおすすめなのが、パーソルキャリアが運営するフリーランスITエンジニア専門エージェント「i-common tech」です。

当サービスでは、多くの登録エンジニアの中から、貴社が求める条件に合った適切な人材を提案することが可能です。

また、人材派遣会社でもSES企業でもありません。

あくまでフリーランスエンジニアを提案し、企業の契約のサポートを行うサービスであるため、手数料も初期1年間のみです。

フリーランスエンジニアの活用を検討している企業の方は、ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

0120-929-732
受付時間 平日9:00〜18:00まで