事例詳細

フロント&サーバサイドの両方で高いスキルと経験を備えたエンジニアをチームに迎え、プロダクト開発が加速。

株式会社UNCOVER TRUTH
コーポレートグループ マネージャー 藤尾 健司 様

i-common tech導入のきっかけは?

より高性能なマーケティングツールの開発に着手
当社は、企業のデジタルマーケティングを自社プロダクトやコンサルティングを通して支援するCRMエージェンシーです。 近年、データ分析やデータ活用への社会的なニーズが高まる中で、当社でも従来の自社プロダクトに代わる、より高性能なマーケティングツールの開発を進めています。そしてアルファ版のリリースを視野に入れ始めた2020年秋に、事業のさらなる加速を図るために、フロントエンドとサーバサイドの両方にお力添えいただけるエンジニアの方を求めていました。

どのようにしてi-common techを知りましたか?

以前からフリーランスITエンジニアを積極登用
こうした紹介サービスが複数あることは以前から認識しており、他社のサービスはすでに利用した経験がありました。当社のようなITベンチャーにとって、社員採用に要する数カ月単位の時間は、プロダクト開発において致命的なタイムロスになりかねません。開発スピードを向上させるため、即戦力でプロダクト開発に関わっていただける方を求めて、かねてから業務委託契約で活動いただける方を求めていました。今回も複数のエージェントに声を掛け、その一つがi-common techでした。

i-common techを選んだ決め手は?

双方向の丹念なやりとりですり合わせができた
今回は複数のエージェントに対し、当社の事業やプロダクトの特徴、求める人材要件をそれぞれ伝え、候補者の紹介を受けたのですが、ズレが最も少ないと感じたのがi-common techでした。それには理由があり、こちらが提示した要件について、i-common techの担当者は電話やメールで細かくヒアリングを重ねるアクションが多く、両者ですり合わせができたからだと思います。メールを送りっ放しの一方向的な連絡ではなく、双方向のコミュニケーションがきちんと成立していることに安心感を覚えました。そうした丹念なやりとりや、改善を続ける姿勢に好印象を持ちましたし、実際に要件に合致する方を紹介していただけました。

不安や迷いはありましたか?

自社の開発環境に合う人かを面談で確認
今回のプロダクトは世の中に類似品がほぼない新規性の高いもので、開発にあたっては新しい技術を試行錯誤する探究心が欠かせません。また、少数精鋭のチーム構成のため、業務委託の立場でありつつ主体的に考えてタスクを進めていく姿勢も重要になります。面談でのやりとりを通して、そうした当社の開発環境をポジティブに捉え、率先して問題解決に挑んでくれる方だと確認できたので不安はありませんでした。一方で、実際にやってみないと分からない、という思いは当社もエンジニアの方も同じだったと思います。その点で有期の直接業務委託契約は、お互いにまず試してみる上でも有益な方法だと感じています。

フリーランスエンジニアの活躍はいかがでしたか?

主体的に取り組む姿勢はチーム全体に良い影響
週5日、フルリモートで開発チームに参画していただいています。積極的かつ能動的にタスクを探して取り組む姿勢は当社が期待していた以上で、開発チームのリーダーを務めるエンジニアも「主体的で着実な仕事ぶりに感銘を受けている」と高い信頼を寄せています。当初の3カ月の契約期間を超えて、ぜひ長期間お願いしたいと考え、このほど6カ月間の契約延長に至りました。細かな疑問点もそのままにせず積極的にコミュニケーションをとる姿勢や、物腰の柔らかな人柄は、チームのほかのメンバーにも良い影響を与えています。

i-common tech導入後、課題は解決されましたか?

豊富な経験を活かし調整役としても力を発揮
新規プロダクトの開発を加速させる、という目的に向かって順調に進捗していると実感しています。今回のエンジニアの方は、フロントエンドとサーバサイドの両方で高いスキルと経験を備えた希少な方です。物事を見る視点が多角的で、「バックエンドの設計をこう変更すると、フロント側ではこのような改修が必要になる」といった意見や提案を随時出してくれるなど、チームの調整役のような重要な役割を果たしてくれています。ご本人からも、あらゆる情報がオープンで仕事を進めやすく、新しいことにチャレンジしがいがあると言っていただけています。当社の開発環境に魅力を感じ、存分に力を発揮してもらえているのが嬉しいですね。

i-common techを利用した感想は?

自社の事業やサービスの可能性が広がる手応え
高いスキルを持つフリーランスITエンジニアの方の存在は、業界における新規事業や新規プロダクトの開発のあり方自体も変えていくと感じています。未来を見据えた新たなサービスやプロダクトのアイデアを、「社内にリソースがないから」という理由であきらめるという発想が、私自身もなくなりました。求める要件を備えたエンジニアの方に例えば半年だけ参画してもらうことで、描くアイデアの実現に向けてまずは動き出してみよう、という選択をしやすくなったと思います。当社が携わるデジタルマーケティングの領域は技術の進展スピードが非常に速く、それに対応する柔軟な組織であるためにも、今後もi-common techを活用したいと考えています。

カテゴリーで探す

0120-929-732
受付時間 平日9:00〜18:00まで