事例詳細

双方にとって納得感ある条件で参画してもらえる点も、ITエンジニアと直接契約できるi-common techならではの良さ。

シングラー株式会社
執行役員 三角 勇紀様

i-common tech導入のきっかけは?

自社での採用と並行してフリーランスエンジニアの活用に注力

当社は、HR Techを用いた人材分析サービス「HRアナリスト」の企画、開発、運営を手がけています。2016年の創業時から基本的にフルリモート体制で開発を進めており、現在、私を含めた社員3名のほかに、外部企業所属のエンジニアやフリーランスエンジニアなど、多様なメンバーで開発チームが構成されています。近年、ハイスキルなITエンジニアの方々がフリーランサーとして活躍されているケースが多いと実感していることから、当社でもここ2年ほど、自社での採用と並行して、フリーランスエンジニアの活用に力を入れてきました。

i-common techを選んだ決め手は?

スキルセットに加えてマインド面やコミュニケーション力も重視

当社はパーソルキャリアのグループ会社で、そのつながりでi-common techを知りました。今回求めた人材要件として、Rubyの実務経験などのスキルセットに加えて、開発への能動的な姿勢や、プロダクトに対する関心の高さなども重視しました。「HRアナリスト」は成長途上のサービスであり、指示されたものをただ作るのでなく、プロダクトを通して世の中に何かインパクトを与えたいという主体性を持つ方にチームに入っていただきたいと考えたからです。今回のエンジニアの方はそれらの要件を満たしていたこと、また、コミュニケーション力の高さも決め手になりました。

不安や迷いはありましたか?

直接契約を結ぶことへの不安は、すぐに解消できた

強いて挙げるなら、フリーランスエンジニアの方と直接契約を結ぶという点は、多少気がかりでした。これまでも個人の方と直接契約を結ぶ機会はありましたが、中には案件進行中に突然連絡がとれなくなるケースもあったからです。しかし今回i-common techを利用してみて、その不安はすぐに解消しました。

フリーランスエンジニアの活躍はいかがでしたか?

ご本人の人柄もあり、チームにスムーズに溶け込み活躍

新規機能追加やシステム改修など、その時々に発生する要件に対し、チームの一員として開発業務にあたっていただいています。パフォーマンスは期待通りで、コミュニケーションの面でも、メンバーから不安の声などはまったくありません。フルリモート体制のため、日頃からSlackやビデオチャットで意思疎通を図り、気になることはその場で解決しながら進めることを大切にしています。今回入っていただいた方は、若手中心の既存メンバーとは年齢が一回り以上離れていますが、腰の低いご本人の人柄もあり、チームにスムーズに溶け込んで活躍いただいています。

i-common tech導入後、課題は解決されましたか?

チームにおけるコミュニケーションの円滑化にも貢献

開発業務のスピード化という点はもちろんですが、チーム内のコミュニケーションにおいても、経験豊富なエンジニアの方に入っていただく意義は大きいと実感しました。社内のメンバーで意見を出し合う際に、相手と一対一の関係では、反対意見をなかなか口に出しづらいものです。そこへ、経験とスキルを持つ方が外部から加わることで、コミュニケーションのクッション役となり、議論が活性化しやすくなります。特に今回のエンジニアの方は、基礎的な技術スキルに加えて課題解決策の引き出しも多く、そこでもチームへの貢献度は高いと感じています。

i-common techを利用した感想は?

採用業務の負担軽減につながることもメリット

我々のように人数が少ない企業の場合、一人がいくつもの職務を兼任しているため、採用業務に人的リソースを割きにくいのが現状です。その点でi-common techなら、求める人材の要件整理や、候補者の絞り込み、会社や案件の概要説明などもサポートしてもらうことができ、採用業務の負担軽減を図る上でも、利用する価値は大きいと感じます。また、報酬をはじめとする業務委託条件について、お互いがしっかりと納得感を持った上で契約を結べる点も、フリーランスエンジニアの方と直接契約するi-common techならではの良さだと思います。

その他の導入事例

カテゴリーで探す

0120-929-732
受付時間 平日9:00〜18:00まで