事例詳細

新しい技術が瞬間風速的に必要となるDX推進の取り組みだからこそ、フリーランスエンジニアの力を借りる意義は大きい。

大手小売りグループ企業

データ活用に向けたプラットフォーム構築が進行中

当社は、施設管理の現場で40年以上にわたり培ってきた技術やノウハウを活かし、ファシリティに関する多彩なサービスを提供しています。近年はテクノロジーを活用したビジネスモデル変革にも注力し、施設内外から得られたデータを収集・分析することで、顧客に価値あるソリューションを提供していくことを目指しています。このためのプラットフォーム構築に向けて、前段階としてデータ整備を進めていく中で、BIのダッシュボードやデータ分析に関してスキルと経験を有するIT人材を求めました。

i-common techを選んだ決め手は?

要件にマッチした人をタイムリーに紹介してもらえた

正社員・業務委託を問わず人材を募集したいと考え、複数の人材紹介サービス会社に声をかけました。その中で、要件に合致する人を最もタイムリーに紹介してもらえたのがi-common techです。その対応のスピーディさから、ハイスキルエンジニアが多く登録しているサービスだという印象を受けました。今回参画いただいたエンジニアの方は、契約前のオンライン面談での受け答えの内容が明確かつ具体的で、経験値の高さがうかがえました。ものごとを曖昧なままにせず、こうと決めたら全力で取り組むという性格にも好印象を持ちました。

不安や迷いはありましたか?

外部人材が多く活躍しているため、抵抗感はなし

i-common techの利用は初めてでしたが、外部人材をプロジェクトに迎え入れることへの不安や抵抗は、社内にはありませんでした。というのも、当社は事業が多岐にわたることもあり、外部から業務委託で参画してもらっているメンバーが多いという背景があるためです。これまで利用してきた人材紹介サービスと比較するとi-common techは、パーソルキャリア社とフリーランスエンジニアのそれぞれと契約書を交わす点がやや複雑に感じました。ただ契約後は特に手間に感じることはなく、報酬などに関して透明性が高い直接業務委託契約型サービスの良さを実感しました。

フリーランスエンジニアの活躍はいかがでしたか?

各部署へのヒアリングでコミュニケーション能力を発揮

既存のBIダッシュボードの仕組みを理解してもらうことから始め、データ活用に関する各部署へのニーズのヒアリング、その実装、フィードバックを踏まえての修正作業などに携わってもらっています。これまで社内にはBIツールの運用を専任で担う者がおらず、こうしたニーズへの対応は遅れがちでした。今回、エンジニアの方が入ったことで、利用部門からも、今まで遠慮していたような内容も含めて率直な要望が寄せられています。それに対するエンジニアの方の対応も適切で、知識や経験に加えて、ご本人の人柄やコミュニケーション能力によるところも大きいと感じています。

i-common tech導入後、課題は解決されましたか?

データ活用へと進むプロジェクトにおいて引き続き活躍を期待

エンジニアの方の参画によってプロジェクトは着実に前進し、まさにこれからプラットフォーム構築に本格的に着手する段階です。既存のBIの仕組みを刷新することも予定していて、これについてエンジニアの方からは、まずは安価な製品を活用して方向性を見極めた上で、次のステップに進むという実効的な提案があり、その流れで進めることを検討しています。この先、社内の複数のシステムの連携やマスターデータの統合を行い、将来的なデータ活用につなげていく計画です。この工程を中心的に担う役割として引き続き活躍してほしいと考えています。

i-common techを利用した感想は?

DXの目的や、求める要件を明確化することがポイントに

今回のようなDX推進のプロジェクトでは、新しい技術が瞬間風速的に必要になる場面があり、内製やSIerとの連携だけでは対応が難しいケースも多いと感じます。その点で、i-common techのように、特定のスキルを持ったエンジニアをタイムリーに紹介してもらえるサービスは、活用する価値が大きいと実感しました。DXの取り組みは、ともすると「デジタルを使って何かやりたい」などと方向性が漠然としがちで、求める人材要件もあいまいになりやすいものですが、それらをいかにクリアにできるかが、フリーランスITエンジニアを活用する上での重要なポイントだと思います。
 

カテゴリーで探す

0120-929-732
受付時間 平日9:00〜18:00まで